無料
エロ
動画

pearl miyumiyu みゆきのお部屋

のほほん〜

先日、退院してから、のほほんと静かに暮らしているみゆです(*・v・*)
お仕事にも復帰しました♪

そろそろ落ち着いてきたので
入院中のコトを振り返ってみようと思います。

普通のひとよりも入院が長引いてしまったみゆですが、
退院日の朝までしかベッドが確保されていなかったので
延長1日目からのベッドは、手術室のはじっこでした…
(T T)ひぃぃぃぃ〜〜しゅじゅつしつ〜…

…とか、思ってびくびくしていたのだけど
意外と居心地が良くって、
ちゃんとカーテンとパテーションもあってさえぎられてるので
別空間的な雰囲気があったし、絵も飾ってあったし
朝はしずかなクラシックで目が覚め…
夜は、消灯1時間とか伸ばしてもらったり…
普通のお部屋よりもコンセントが多いので
パソコンもつけっぱなしOKだったり…
なぜか、他の患者さんが、みゆたんのお食事をもってきてくれたり…
なんだかいたれりつくせりって感じで
(*・v・*)にこにこな気持ちになってたのでした…。
ん〜ん♪ずっと居てもいいような…

でも、ほとんど毎日手術があるので
手術の時間は外に出てないといけなかったのでした
(息を殺してはじっこにいるなんて…そんなのできない)
その間、疲れても横になったりできないので、
とりあえず散歩してみたり、お風呂にはいってみたりして
時間をつぶすといつのまにか夜ゴハン…
夜ゴハン18時って、みゆ的には早いので、
夜9時になるとおなかがすいて眠れなくなるので
おやつをもぐもぐと食べたりしてたら
1.5キロぐらい太りました(*・o・*)ワーっ。ちょっと嬉しい♪

ちなみに、ある日、急患のひとが朝早く運ばれてきて
突然手術が始まってしまい、みゆは、まごまごしていたので
手術室から出そびれてしまい、他人の手術の雰囲気を
みゆも味わってしまいました。

ふとんの中にもぐって、パソコンで音楽とか聞いて、
聞こえないようにしてたんだけど
患者さんの「う〜」とかゆう声は音楽で消すことはできず、
ハラハラしてしまい、効果はないと思うんだけど、
「がんばれー!がんばれー!!」と、念じました。
届け!みゆの心の声!

その患者さん(男性)は、
まさか、みゆが手術室のはじっこで寝てると思ってなかったらしく
最初は「僕小心者だからコワイ〜よ〜」と細い声で看護婦さんと
話していたのですが、みゆの存在に気付いたあとは
急に態度がころっと変わって
「俺もう大丈夫だから、一人で歩いて部屋戻るよ」と、声のトーンも低くなり
強気なひとになっていました…。(*・v・*)か…かわいいナリ♪


とゆうわけで、手術室で何泊も寝るとゆう体験をしてしまったうえに
他の患者さんの手術時間を一緒に過ごしてしまったのでした…
ん〜
きっと一生に一度の体験だと思うのでした。




  1. みゆみゆ日記|
| HOME |
close